menu
  • TOP »
  • 学び×仕事×キャリア

学び×仕事×キャリア

公務員のパラレルキャリアを阻むもの「なぜ行政マンは2枚目の名刺を持ちづらいのか」

国家公務員を本職としながら、所属省庁から兼職承認を得て、無給で慶応義塾大学大学院システ …

システム思考×デザイン思考がソーシャルイノベーションや地域活性化に有効な理由

国家公務員としてワシントンD.C.に勤務する保井俊之(やすいとしゆき)さんは、休日を使 …

“社会は自分で変えられる!”小学生が地域課題に本気で取り組む「Social Kids Action Project」密着レポ

最近よく耳にする「アクティブラーニング」。 従来の受動的学習から、主体的に課題を発見し …

【大企業病に効く!】組織の枠を超える人材育成の形「越境学習」を知るための基本文献・8選

「越境学習」今、人材育成の現場で注目され始めてきているキーワードです。これまで日本の社 …

【新しい人材育成の形】最終回:「越境学習」を企業価値につなげるための3つの展望

本シリーズでは、人材育成の現場でキーワードとなりつつある「越境学習」とは何か、これまで …

【復職へのウォーミングアップ】育休中に職業経験を活かしてプロボノに参加。ママたちが越境体験で得たものとは

ここ数年の保活激戦化とも大きく関連するが、出産後も仕事を続ける女性が年々増えている。多 …

【新しい人材育成の形】#4:「越境学習」の効果は企業文化によってどう変わるのか

本シリーズでは、人材育成の現場でキーワードとなりつつある「越境学習」とは何か、これまで …

【新しい人材育成の形】#3:「越境学習」を通じた能力開発2つのパターン

本シリーズでは、人材育成の現場でキーワードとなりつつある「越境学習」とは何か、これまで …

【新しい人材育成の形】#2:「越境学習」で開発される人材能力とは?

本シリーズでは、人材育成の現場でキーワードとなりつつある「越境学習」とは何か、これまで …

【新しい人材育成の形】#1:人事担当者が知っておきたい「越境学習」の主要論点

本シリーズでは、人材育成の現場でキーワードとなりつつある「越境学習」とは何か、これまで …

1 2 3 »




運営元